■「血染めの花」登場キャラクター紹介

■栗栖野 桜(くりすの さくら) 

 高校2年
 CV 霧島はるな

 

本作の主人公。

明るく真っ直ぐな性格。頭で考えることが苦手で行動派。運動神経が良い。

妹である杏を可愛がっており、杏が危険な目に遭ったりすると自分を見失って暴走することがある。

がさつな自分のことを唯一女の子扱いしてくれる楓に恋心を抱いている。


 


■栗栖野 杏(くりすの あんず) 

 中学1年
 CV なつめ美南海

 
桜の妹。心優しい少女。
自分のことよりも他人のことを優先して考える。
芯はしっかりしており、決めたことは貫き通そうとする。
姉のことをとても慕っている。柊のことが好き。

 

 


■国分寺 楓(こくぶんじ かえで) 

 高校2年

 CV 一条和矢

 

桜のクラスメイトであり、桜の想い人。

柊の双子の兄。

成績優秀で美しい外見をしており、いつもにこやかで誰にでも分け隔てなくやさしい。

特に桜に対して女の子扱いをしたり、気があるような素振りを見せたりもする。


■国分寺 柊(こくぶんじ ひいらぎ)

 高校2年

 CV 小池竹蔵

 

いつも無愛想で不機嫌、他人とあまり関わろうとしない。

楓の双子の弟。

幼少の頃母親に虐待されており、今でも心の傷を負っている。


■伊府 椿(いぶ つばき) 

 高校3年

 CV ひうらまさこ

 
ミステリー研究部の部長。容姿端麗で成績優秀。
物腰が柔らかく美人で親は病院の院長で将来医者になるために医大への進学も確定している。年の離れた妹がいる。
常に完璧であり学校の皆の憧れ。
実は両親・妹とは血が繋がっていない。

 

 



■名色 菫(なしき すみれ) 

 高校2年

 CV 綾音まこ

 
明るくてお調子者な桜の親友。竹貫先生のことが大好き。
桜と出会ったのは中学の入学式の日。男子上級生にナンパされているところを桜に助けてもらい、それから親友になる。
喧嘩が強く周りから恐れられていた桜に偏見なく接し、そのため桜もクラスの人達と馴染めるようになった。

 



■西崎 つかさ(にしざき つかさ) 

 23歳

 CV 丹羽りん

 
ミステリー研究部の副顧問。
自分にも他人にも厳しく、いつも険しい表情をしているので一部の生徒からは「鬼崎」と呼ばれている。女性なのにいつも真っ黒なスーツを着ている。
講談社から発売された2011年なかよしラブリー冬の号にて掲載された『神裂島』の主人公だった。

 


■竹貫 蓮(たかぬき れん) 

 28歳

 CV 小宅悠一

 
ミステリー研究部の顧問。明るく優しい、気さくな性格で生徒にも人気。
菫とはお隣さんで昔からの知り合い。菫の熱心なアプローチに呆れつつも菫のことを大切に思っている。昔は不良で金髪だった。
8年前の神裂島事件で巻き込まれて死亡した大学生・中央直也と親友だった。

 

■サンプル画像